理科

理科は「共通点」と「相違点」を意識するとまとめやすい!

☆これわかる?(中1レベル)

突然ですが問題です!

問題

リカさんは、彼氏から花束をプレゼントされて嬉しくなりました。

嬉しさのあまりいろいろ調べてみたところ、

彼氏にプレゼントされた花次の2つのグループに分けることができるとわかりました。

Aグループ…バラ、サクラ、カスミソウ、マリーゴールド

Bグループ…アヤメ、ユリ、ツユクサ、ハクサンチドリ

 

問1 AグループとBグループの分類基準として正しいものを1つ選べ。

ア 花弁がくっついているか離れているか

イ 子葉が1枚か2枚か

ウ 子房があるかないか

エ 維管束があるかないか

問2 上記8つの植物のすべてに当てはまる特徴をすべて選べ。

ア 葉に葉緑体があるので光合成をする。

イ 種子を作って繁殖する。

ウ 胚珠が子房に包まれている。

エ 主根と側根を持つ。

オ 根・茎・葉を区別することができる。

☆よくわかる解説

上記8つの植物は、いずれも種子植物の、被子植物に分類されます。

被子植物はさらに「双子葉類」と「単子葉類」に分けられます。

上記でいうとAグループは双子葉類、Bグループは単子葉類です。

よって、問1の正解はイになります。

問2は、要は被子植物に当てはまる特徴を選べばよいだけなので、

ア・イ・ウ・オ

が答えです。エは、Aグループのみにしか当てはまりませんね。

☆「共通点」と「相違点」に注目せよ!

このように、ある特徴に注目して、それに当てはまるか否かでグループ分けをする…

というのが理科の基本的な考え方です。

植物以外でも、例えば「火山岩」と「深成岩」を考えた場合には、

共通点…どちらも火成岩である(マグマがもとになってできた岩石)

相違点…火山岩は地上近くで急冷されたため結晶が十分に育っていない(斑状組織)が、

深成岩は地下深くでゆっくり冷えてできたため等粒状組織である。

…のように整理することができます。

☆まとめ

「共通点」と「相違点」に注目することの重要性について語りました。

このような考え方は、受験勉強だけでなく、社会で生きていくときにかなり役に立ちます。

ぜひ身につけて、この観点でもう一度理科全体を復習してみてくださいね!

結論

「共通点」と「相違点」に注目してまとめると勉強がはかどる!

この問題が解けなかったあなた!今すぐ復習して挽回しよう!

コロナウィルスでも安心のオンライン学習はこちら!まずは無料体験から!