政治

アイドルだけでなく政治家も推せ あなたや大切な人の幸せを守るためにできること

お久しぶりです。

お金がなくて、ネカフェに来ることができませんでしたが、

ようやく持続化給付金が無事に振り込まれたので、

ようやくブログを書くことができます。

この持続化給付金の状況についてはいろいろ言いたいことがありますので

別の記事にまとめたいと思います。

今日、この記事で私が言いたいのは、

あなたや大切な人の生命・財産・平穏な日常…

つまり一言で言うならば幸せを守るために、推しの政治家を作っておいたほうがいい、

ということです。

いったいどういうことか。これから簡単に説明します。

 

☆この1・2週間が瀬戸際だったんじゃないの?

忘れもしない2/24

政府は、「ここ1・2週間が瀬戸際」だと言い、何の法的根拠も科学的根拠もなく

全国一斉休校を急に言い出しました。

私の仕事は対面を基本とする教育系なので、仕事の大半がキャンセルとなり、

3月からは売上が1万円前後しかない状態が3か月続いています。

私が政府からようやく支援を受け取れたのは、今日、5/28です。

それまでの3か月間はただの1円も、マスク1枚すら受け取れていませんでした。

マスクは要らんけど。

特別定額給付金10万円の申請書すらまだ届きません。

3か月ですよ。瀬戸際6~12回分もの間、何も支援されずに放置されました。

よく無事に生存できたと思います。奇跡です。

緊急事態宣言が解除されるほうが、給付よりも先になってしまいました。

緊急事態に国民を守ってくれなくてどうするのでしょうか。

また、憲法29条3項には、次のように書いてあります。

「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。」

自粛を要請するのであれば、「正当な補償」をしなければ財産権の侵害、

つまり憲法違反の疑いが極めて大きいです。

というか、「自粛を要請」という日本語には違和感を持ちます。

自ら粛するのが「自粛」です。人に請われてするのは自粛ではないです。

いかにも日本的なやり方だと思います。

本気で感染症拡大を防止したいのであれば、

自粛要請などという曖昧なことを言わずに、

営業や外出を制限する、と高らかに宣言して、

罰則もつけて徹底的にやるべきです。

(現行憲法にも「公共の福祉」の概念が明記されていますので、

必要性があり制限が妥当かつ最小限であれば、このような私権の制限は許容され得ます。

もちろん、十分に「正当な補償」をすることが大前提です。)

 

…前置きだけで止まらなくなりそうなのでそろそろまとめます。

つまり、政治家はちゃんと選ばないと死ぬ、ということです。

 

☆このブログが書けるのも野党議員のおかげ

持続化給付金は、やれアベノマスクだGo to トラベルだ和牛券だと、

とても国民を本気で救う気があるとは思えない施策の中で、

唯一まとも、と思われた施策でした。

困窮する中小企業や個人事業主は、

1~2週間耐えれば100万円や200万円が受け取れると信じて、

数十万件もの申請がなされました。

しかし、蓋を開けてみれば、5/1に申請したにもかかわらず、

5/28時点でまだ受け取れていない方が少なく見積もっても3割くらいはいるという、

阿鼻叫喚な大惨事になってしまいました。

担当官署の副大臣である自民党の牧原秀樹氏がTwitterから逃亡を図ったところに、

救いの手を差し伸べてくれたのが野党議員の皆さんでした。

Twitter等を用いて私たちの惨状を具にヒアリングしてくださり、

それを踏まえて国会で迅速に質問をぶつけ、

中小企業庁の担当者にも詳しい事情説明を求めてくれました。

その結果、これまでは言いがかりのような不備の指摘をされ、

遅々として進んでいなかった給付が、かなり迅速に進むようになりました。

経済産業省から公式に遅れていることのアナウンスも、

野党議員さんが追及してくれて初めて出されました。

もし野党議員さんがこの問題を取り上げてくれなかったら、

いまだに持続化給付金は振り込まれず、

ネカフェでブログを書くどころか今日食べる食材すらなく、

実家から盗んだ食材を一気食いしていたことでしょう。

いや、ギャグではありません。

お世辞抜きで、今日の私があるのは野党議員さんのおかげでありまして、

非常時だけでなく、平時から政治家を推し、

そもそも非常時を迎えなくてよいようにすることがとても重要であると学びました。

 

☆まとめと決意表明

いまだ持続化給付金、その他の支援を受け取ることができず、

大変な窮状にある方が多数いらっしゃいます。

救いの手が間に合わず、廃業や自死を選ぶという痛ましいことも

少なくない数が発生しています。

私にできることは微力だとは思いますが、

Twitterや当ブログ、noteココナラでの情報発信やお仕事依頼を通して、

少しでも多くの方に救いの手が迅速にもたらされるよう、尽力する決意です。

具体的には、

・当分の間、noteはすべて無料で公開します。

・これからも政治家の方へのはたらきかけを継続します。

・皆様の政治へのアクセスが容易になるような情報をできうる限り提供します。

ご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

結論

アイドルを推せば、生活に潤いが生まれる

政治家を推せば、その潤いのある生活を守ることができる