読書

#読了「女帝 小池百合子」日本の病理とは? その1

ものすごいノンフィクションが出た。

「女帝 小池百合子」(石井妙子さん著、文藝春秋)

東京都民は、都知事選の期日前投票が始まる6/19までには

必ずお読みいただきたい。

できれば、都民でない方にもぜひお読みいただきたい。

小池百合子を考察することは、そのまま日本の病理を解き明かすことにつながるであろうから。

☆「女帝 小池百合子」はどんな本?

「女帝 小池百合子」(以下「本書」と表記)は、

感情的に小池氏を誹謗中傷しようとか、引き摺り下ろそうという本では決してありません。

著者の石井妙子さんは本書執筆にあたり少なくとも100人以上と会って話を聞いています。

日記、手紙、小池氏の著書やインタビュー記事に動画など、

きちんと物証にも丁寧にあたり分析しています。

一つひとつ事実を検証し、積み上げていくという帰納的手法によって、

「小池百合子」という人間の本質が浮き彫りになっています。

また、小池氏が政治家になったのは1992年、彼女は当時40歳。

小池氏を追うということは、平成の政治史を振り返るということでもあります。

政治の勉強にもなり、かつノンフィクション文学としても

非常に読み応えのある重厚な筆致となっています。

本書のポイント!

・「小池百合子」とは何者なのかがわかる!

・平成の政治史を一気に振り返ることができる!

・ノンフィクション文学としての読み応え、エンタメ性も高い!

 

☆「小池百合子」とは何者なのか

本書が明らかにしたところによれば、小池氏の人物像は以下の3点にまとめることができます。

・政策の中身よりもファッションやキャッチコピーなど、テレビ受けしそうなイメージ戦略を重視。

・嘘と誇張を積み重ね、マスコミが食いつきそうな「物語」を豊富に提供する。

・弱者に冷たい

 

「嘘」ということに関して、「カイロ大学首席卒業」どころか、

そもそも卒業できていない、と断言してほぼ間違いないであろうことが

本書の丹念な調査で明らかになっています。

これは、公職選挙法違反や有印私文書偽造・行使罪を構成し得る犯罪です。

当ブログでも別に記事を書いて詳細に述べたいと思います。

(続きます…)