英語・英会話

英検のおススメ教材はこれだ!(一次試験、全般篇)

2週間後の6/28は、今年度初の英検があります。(コロナで延期になっていました)

皆さまの合格を後押しするべく、英検(一次試験、全般)のおススメ教材をご紹介します!

☆旺文社の過去問

最近はいろいろなところから過去問が出ているんですが、

私はやはり、英検は旺文社をおススメしたいです。

さて、旺文社の過去問には2種類あって、6回分のと3回分のがあります。

6回分にはCDがついてない(別売り)ですが、3回分のほうはCDつきです。

…と書くと、じゃあ3回分でいいや、となるかもしれませんが、さにあらず。

6回分のほうでも、アプリ「英語の友」をダウンロードするだけで、

リスニングも面接も、すべて音声は無料で聴くことができるんです!

正直、この令和の時代、むしろCDプレイヤーなんか持ってない、

という方も多いのではないでしょうか。

今は、音楽も英語もスマホアプリで聴く時代!

ぜひ、6回分のほうを買ってください!

 

☆文で覚える単熟語(旺文社)

これは、Z会の「速読英単語」のように、長文を読みながら

重要な単熟語を覚えることができるシリーズです。

長文は、過去の英検に出題されたものが使われています。

英検や入試問題によく出るテーマ(環境問題、科学、文化など)自体にも詳しくなることができておススメです。

英検は、単熟語問題の比重が高いので、ぜひ活用してみてください。

 

☆でる順パス単(旺文社)

私は「文で覚える単熟語」が好きなのですが、

サクッと単熟語だけを見たい方にはこちらのシリーズがおススメです。

 

☆予想問題ドリル(旺文社)

過去問はやりつくしてしまったけど、本番同様の形式の問題が解きたい、

という方にはこちらのシリーズがおススメです。

7日間完成、という触れ込みなので、今からでも間に合います!

※注意:最近、「CBT専用」というシリーズも出ましたが、

普通の英検と英検CBTは、問題の内容や形式は基本的に同じなので、

どちらでも構わないです。

英検CBTについてはいずれ別の記事で詳しくご説明する予定です。

 

☆でる順 合格問題集(旺文社)

究極に時間がない、効率を重視したい、という方にはこのシリーズがおススメ。

過去問を分析し、本番そっくりのオリジナル問題が頻度別に収録されています。
多すぎず少なすぎずの、合格に最適な問題数で、ムリなくムダなく学習できます。

 

☆まとめ

2週間あれば、まだまだいろいろなことができます。

あなたの実力やニーズに合わせて、最適なシリーズを組み合わせて使ってみてください。

私も、英検準1級合格に向けて勉強しています(6月は間に合わないのでパスしました…)。

お互い頑張りましょう!