読書

#読了「夜間中学へようこそ」今こそ考えたい、なぜ人は学ぶのか? その1

「なんで勉強しないといけないの?」

…と、生徒や我が子に聞かれたら、なんと答えるのが正しいのでしょうか。

今日は、この問いへの答えを考えるヒントとなる1冊をご紹介します。

「夜間中学へようこそ」(山本悦子、著、岩崎書店)児童文学。

 

☆夜間中学とは?

夜間中学とは、公立の中学校の夜間学級のことをいいます。

現在、10都府県に34校が設置されています。うち8校が東京都にあります。

夜間中学に通学するのは、主に次のような方々です。

1 戦後の混乱期に、十分に義務教育を受けられなかった高齢者

2 不登校などの理由で、形式的には卒業したが学び直しを希望する方

3 十分な教育を受ける機会のないまま日本にやってきた外国人の方

本書「夜間中学へようこそ」の登場人物も、まさに上に挙げたようなタイプの方々です。

☆見どころ

「わたしも4月から学校だから」ある日突然、おばあちゃんが宣言します。

孫で中学1年生の優菜(ゆうな)は、ひょんなことから、ともに夜間中学へ通うことになり、知らない世界へ足を踏み入れます。それは、かけがえのない日々の始まりでした。

おばあちゃんのクラスは、おばあちゃんを含めたった4人しかいません。

おばあちゃんのように、戦争経験者であるおじいさんの「松本さん」。

17歳のかわいい女の子「ミオちゃん」。

何かと悪態をつく16歳の男の子「和馬くん」。

そしておばあちゃん。

他のクラスには、いろいろなタイプの外国人がたくさんいます。

みんな、それぞれの事情を抱えて、夜間中学へ来ています。

本書の特徴の一つは、現役中学生の目線で夜間中学が語られるところです。

例えば、優菜の通う昼間の中学では、授業中の集中力がイマイチで、

授業中に手紙が回ってきたり、こっそり携帯をいじったりいる生徒がたくさんいます。

それを当たり前だと思っていた優菜が、夜間中学で、生徒のみんなが熱心に授業に取り組む姿を見てとてもびっくりするシーンがあります。なかなか問題提起と示唆に富む印象的な場面です。

(続きます…)