主義・主張

#読了 「#KuToo靴から考える本気のフェミニズム(石川優実さん)」その1

サクッと読めてとても勉強になるおススメの1冊!

「#KuToo靴から考える本気のフェミニズム」(現代書館、石川優実さん著)

☆本書の構成と特徴

本書は全部で3つのパートから成ります。

第1パートは、石川優実さんのブログの記事「#MeToo→#KuToo」を大幅に加筆修正した文章と、その後の石川優実さんの想いが綴られています。

「#KuToo」についてだけでなく、高校時代のバイトやグラビアのお仕事で受けたセクハラの数々も赤裸々に描かれています。

いえ、セクハラという言葉は生ぬるい。性暴力、犯罪です。

サラッと書かれていますが、こうしたことを世間に告白するのはとても勇気がいることと拝察致しますし、芸能界にいまだセクハラや性暴力が蔓延っている現実に改めて怒りを覚えます。

第2パートは、石川優実さんさんのTwitterに実際につけられた「クソリプ」(クソみたいなリプライ、の略。Twitterの返信機能を使って、見当はずれな内容や抽象的な言葉を投稿すること、及びその投稿)の数々が引用され、それらに対する石川優実さんの見解がまとめられています。

ある意味で本書の最も特徴的な部分かと思います。

※ちなみにAmazonの書評などで文句言っている人が多いのですが、「引用」は著作権法も認める正当な表現行為です。

そして最後の第3パートは、有識者との対談と、対談後の石川優実さんの所感が書かれています。

ここでは、法令により企業が負う「安全配慮義務」と#KuTooの関係など、理論的なことも学ぶことができます。

全体で224ページで、文章量もそれほど多くなく、あまり構えずにフェミニズムについて大切なことを学ぶことができるおススメの1冊となっております。

(続きます…)

本書の中で石川優実さんが推薦している書籍がこちら。

ジェンダーをテーマにしたおススメの小説。

私のような初心者に超おススメ!オンライン英会話無料体験はこちら