主義・主張

障害者権利条約

連載物です。最初の記事はこちら

☆障害者権利条約

障害者権利条約は2006年に国連で採択され、日本は2013年に批准しました。

優生学に関連のある条文を簡単にご紹介します。(条文の引用は日本政府公定訳によります)

ます10条には、優生学による障害児の産み分けの禁止が謳われています。

次に15条では、「いかなる者も、その自由な同意なしに医学的又は科学的実験を受けない。」とあり、同意のない医学的実験が禁止されています。

そして17条には、「全ての障害者は、他の者との平等を基礎として、その心身がそのままの状態で尊重される権利を有する。」と書かれています。これは「身体的不可侵性」を保障したものであると言われます。

最後に23条には、障害のある人も他の者と平等に、結婚や養子縁組を含めて家族を築く権利を保障されていることや、障害を理由とした断種から保護されることなどが謳われています。

以上、障害者を対象とする条約を見てきましたが、他にも例えばEUの「欧州連合基本権憲章」では、人の選別を目的とした優生学的措置を禁止しています。

結論として、現在の国際的な考え方としては、優生学的措置の一切は禁止されていると見てよいでしょう。

(つづく…)

created by Rinker
¥968
(2020/10/30 01:52:41時点 楽天市場調べ-詳細)

私のような初心者に超おススメ!オンライン英会話無料体験はこちら