主義・主張

高度に思考せよ

連載物です。最初の記事はこちら

☆主張3 高度に思考せよ

最後の主張です。

ノーベル賞は、自身の発明品であるダイナマイトが人殺しの道具として用いられたことを嘆き、科学技術が正しく活用されることを願って創設されたものであることは有名です。

ダイナマイトは化学反応を利用したものですが、核反応を応用した原子力は、化学反応に比して何桁も大きなエネルギーを生成することを可能にします。

しかし、そんな原子力は原子爆弾の投下という悲劇を生みました。手塚治虫先生のマンガ「鉄腕アトム」は原子力で動いているという設定です。これには手塚治虫先生の、やはり科学技術が正しく活用されることを願う気持ちが込められています。

そして21世紀の遺伝子工学。人類は今度こそ、科学技術を正しく活用して幸福になることができるのか。それとも同じ過ちを繰り返して不幸になるのか。

日本には「文系・理系」を峻別する謎文化があります。しかしこれは、入試科目を減らさないと受験生が確保できないという専ら大学側の経営的事情によるものであって、何ら学問の本質に関係するものではありません。

現代人は文系・理系を問わず、自然科学だけでなく、倫理学・論理学・哲学・歴史などの人文科学や、政治・経済・法律などの社会科学も含めて広く深く学ばなければ、例えば本稿でご紹介した「出生前診断」や「デザイナーベイビー」についてどのように考えるべきかについて、適切な判断ができないでしょう。

ましてや、科学や文明は日進月歩です。我々の学びもまた日進月歩である必要があります。

漢字が読めない、言葉を知らない、人が書いた原稿の朗読しかできない、立法府と行政府の違いもわかってない、科学や論理よりやってる感やイメージだけを重視、そんな政治家にはもういい加減にご退場願いましょう。

高度に思考できる政治家を選出できる、高度な学びをする日本人で在りたいと切に願います。

以上です。最後までお読みいただき真にありがとうございました。

created by Rinker
¥968
(2020/10/30 01:52:41時点 楽天市場調べ-詳細)

私のような初心者に超おススメ!オンライン英会話無料体験はこちら