社会・地歴公民

絶対悪VS核抑止論 8/6は入試問題で原爆・核兵器について考えよう! その1

詳細ページ公式ページ今日、8/6は日本人が忘れてはならない4つの日の一つです。

(残りの3つについてはこちらをご覧ください)

原爆犠牲者に謹んで哀悼の意を捧げますとともに、今なお、後遺症で苦しんでおられる被爆者やご遺族の方々に、心からお見舞い申し上げます。

今日は、ぜひ8/6に皆さまと一緒に考えたい、すばらしい入試問題をご紹介したくて筆を執っております。2018年 東京女学館中学校の入試問題をもとに、少し私のほうで手を入れました。

☆問題篇

今からちょうど75年前の今日、つまり1945年8月6日、広島市内に原子爆弾が投下されました。この日には、75年が経った現在も毎年平和記念式典が開催されています。2017年夏、当時の松井一実広島市長はこの式典の「平和宣言」の中で、原爆を「絶対悪」と表現し、広島に落ちた原爆の被害の悲惨さに、目や耳をかたむけてほしいと若者たちに呼びかけました。また、各国政府に対して「核兵器のない世界」を実現させるように要望しました。

問題

上の文章中の強調部分について、原爆や核兵器をなぜ「絶対悪」(誰にとっても、何にとっても悪と言えること)と強く言うのでしょうか。
東京大空襲など当時行われていた他の攻撃とくらべて、大きく違う点を説明しなさい。

…いかがですか?東京女学館中で実際に出題された問題をもとにしています。中学校の入試問題ですから、これに挑戦するのは小学6年生です。あなたは、小学生に知力で勝てると自信をもって言えますか?

☆コペル&アヤの解答例

✅東京大空襲などの他の攻撃では、被害が及ぶのは東京などその場所においてだけであるが、原爆や核兵器は被害がその場所だけに留まらず、放射線によって非常に広範囲に及び得るから。

✅東京大空襲などの他の攻撃では、被害が及ぶのは今生きている人だけであるが、原爆や核兵器は放射線による後遺症など、将来の世代にわたって被害を与えるから。

場所と時間について注目してみました。両方の要素を答案に盛り込めればベターな解答になるでしょう。

ちなみに、「放射線を出せる能力」が放射能ですので、「放射能を浴びる」や「放射能が漏れる」はいずれも誤った表現です。浴びたり漏れたりするのは「放射線」です。マスコミや知識人でも誤用していることがありますが、皆さんは放射線と放射能の各語をちゃんと使い分けてくださいね。

なお、「核反応」と「化学反応」の違いについてはこちらをどうぞ。

(続きます…)

created by Rinker
¥1,430
(2020/09/26 06:48:08時点 楽天市場調べ-詳細)

私のような初心者に超おススメ!オンライン英会話無料体験はこちら

✅家庭教師などのご依頼はこちらからお願いします。