ニュース・時事

75回めの終戦の日に考える「平和主義」と「基本的人権の尊重」の重要な関係 その1

今日は2020年8月15日。75回めの終戦の日を迎えました。日本人、外国人を問わず、戦争で亡くなられたすべての方に黙祷を捧げるとともに、改めて永遠の平和を希求し行動することをここに宣言させていただきます。

さて今回の記事では、2014年 神奈川学園中学校の入試問題をもとにして、「平和主義」と「基本的人権の尊重」の重要な関係について考えてみたいと思います。

なお、記事のアイデアは神奈川学園中学校さんにいただきましたが、問題文は大きく作り変えていることを予め申し上げておきます。元の問題文が気になる方は、日能研さんのホームページをご覧ください。では始めましょう。

☆問題篇

日本国憲法の理念は以下の3つだとされています。

✅国民主権(主権在民)

✅基本的人権の尊重

✅平和主義(戦争の放棄)

ですが、これら3つは異なる側面に注目して表現しているに過ぎず、目指す根源的な価値は一つであると見ることもできます。

例えば、戦争は人々の人権を容易に奪ってしまいますし、逆に基本的人権が守られることで、戦争のない社会につながるのです。

以下に示すのは、いずれも憲法によって保障されている基本的人権の例です。

✅誰にも妨げられることなく自分の考えや意見を持ったり、発表したりすることができる権利(表現の自由、21条)

✅人種や民族、性別に関わらず全ての人が平等に扱われる権利(法の下の平等、14条)

✅子どもが等しく教育を受ける権利と、義務教育を無償で受けられる権利(教育を受ける権利、26条)

✅どんな人でも、人間らしい最低限度の衣食住が保障される権利(生存権、25条)

✅自分の考えにもとづいて選挙で一票投じたり、選挙に立候補したりできる権利(選挙権と被選挙権、15条)

問題

文章中の太字部分に「基本的人権を守ることが、戦争のない社会につながる」とありますが、そのように考えられるのはどうしてですか。上に示した基本的人権に触れながら説明しなさい。(すべての権利に触れる必要はありません)

これはかなり高度な問題ですね。

実際、出題した学校へのインタビュー記事によれば、完全に正解できた受験生は1割くらいで、部分点を与えた受験生を含めても半分くらいしかいなく、白紙答案も散見されたようです。

ですが、それが許されるのは小学生だからです。これをお読みのあなたは、答えられないといけませんよ!

さあ、いかがでしょうか。

(続きます…)

私のような初心者に超おススメ!オンライン英会話無料体験はこちら

✅家庭教師などのご依頼はこちらからお願いします。